「身体拘束対策委員会」疑似体験会~利用者様の気持ちになって考える~

新しいこと始めよう!

島津乃荘 オンライン就職説明会 2021秋

転職・働き方・給与などへの不安や疑問を解決できるオンライン就職説明会を開催しています。 特設ページをご覧いただき、ぜひご参加ください。

8月24日(木)の研修では、スタッフが車椅子やリクライニング車椅子に座り、 ミトンや抑制帯・つなぎを装着する「疑似体験会」を開きました。

研修の様子-1

やむを得ないとはいえ、実際に身体拘束を行った場合、利用者様がどのように感じられているのか、 同じ体験をしてスタッフが知り、感じ、考える機会を設けました。

約30分の体験でしたが、「15分くらいからお尻が痛い」「手がふさがれていてとても苦痛に感じた」 「自分の行動を制限されて、とてもイライラした」などの声がありました。

研修の様子-2

この疑似体験を参考に、利用者様の気持ちに寄り添って、 拘束を行わないための具体的な解決策を多職種で出し合います。

実際体験したことがなかったスタッフからは「とても貴重な体験であった」 との声もあり、改めて自分達のケアを考え、見直す、有意義な研修となりました。

身体拘束対策委員会委員長