認知症ケア委員会

お一人お一人に合わせた質の高い認知症ケアを

認知症ケア専門チーム「認知症プロフェッショナル」

困っている高齢者

厚生労働省の発表によると「認知症の方の高齢者に占める割合」は増加の一途をたどっています。 とても身近になってきた「認知症」について、医療・福祉関係者が専門的な支援を できるようにしていくのはもちろんのこと、 地域社会全体に認知症についての正しい理解や知識を広めることや、 認知症とともに “よりよい” 生活を送るための幅広い支援の必要性が高まっています。

医療・福祉サービスをご提供する 敬和ヘルスケアグループでは、 2016年、それぞれの分野の経験豊かなスタッフの中から養成した人材による 認知症ケア専門チーム「認知症プロフェッショナル」 を立ち上げました。

この「認知症プロフェッショナル」を中心にグループ全体で連携をとりながら、 認知症の方やそのご家族様への支援を切れ目なく行うことで、 病院・施設・在宅など、どのような環境でも安心して生活していただけるような、 お一人お一人に合わせた "より質の高いサービス" をご提供していけるよう、日々取り組んでいます。

島津乃荘の更なる取り組み「認知症ケア委員会」

安心している高齢者

島津乃荘では、「認知症プロフェッショナル」による活動に加え、 確かな知識に基づいた支援をより幅広くご提供するため、 2021年1月、“認知症ケア委員会” を設立しました。

「認知症ケア委員会」の主な活動内容

お花の苗植え
  1. 専門知識に基づいたケア計画 認知症を持つ方を一人の人として尊重し、その方の視点や立場に立って理解しケアを行う「パーソンセンタードケア」 を基本とした「お一人お一人に合わせた個別ケア計画」の作成を支援します。 この計画に基づくケアをご提供することによって生活のしづらさやBPSD(行動心理症状)を改善することができます。
  2. 潜在能力を引き出す 生活の中で不安や負担などを感じる環境を把握・軽減・改善し、「自分でできる事」「やりたい事」を支援します。 できた時の満足感や楽しさ、またやりたいと思う気持ちなど、意欲の向上を図っていくことで、 その方が持つ能力をうまく環境に適用できるようになります。
  3. スタッフの認知症教育と理解 スタッフの認知症についての知識やケア方法への理解度を把握し、 基礎的な認知症についての知識やケア方法の正しい習得をサポートすることによって、 施設全体の認知症ケアの質の更なる向上を図ります。
  4. 早期発見と適切な対応 認知症症状を正しく理解することで、毎日の生活の中での症状の早期発見や危険を予測します。 声掛けや傾聴といったコミュニケーションでの症状の変化などにも気を配り、 多職種との連携をとりながら安心して過ごしていただける環境作りをしていきます。
  5. 心豊かな暮らしのお手伝い 認知症を持つ方だけでなく、利用者様全員が日々の生活の中で感じる不安や不快を軽減し、 もっと笑顔で過ごしていただけるよう取り組みます。
  6. 地域の認知症相談窓口 認知症に関したお困りごとがある地域の方がいらっしゃいましたら、いつでも当施設へご相談ください。 少しでも力や助けとなれましたら幸いです。 私たちが積み重ねた経験と知識を活用し、より住みやすい理解ある地域社会の発展へ貢献してまいります。 詳しくは「島津乃荘-紬-(つむぎ)」へお問い合わせください。

認知症ケア委員会 委員長

島津乃荘 お問い合わせ・連絡先

住所
〒885-0006 宮崎県 都城市 吉尾町 2200番地1(地図
電話番号
0986-46-2155
FAX番号
0986-38-3677
営業日
平日 08:30~17:30
お問い合わせ