2019年07月の記事

新しいこと始めよう!

島津乃荘 オンライン就職説明会 2021秋

転職・働き方・給与などへの不安や疑問を解決できるオンライン就職説明会を開催しています。 特設ページをご覧いただき、ぜひご参加ください。

先日の「お花のお届け」に続き、 スタッフがお花を届てくれました。

前回と同じグラジオラスに加え、 グロリオサ(赤黄色)とリアトリス(紫)です!

お花の様子-1

今回は、届けてもらったお花の花言葉を紹介します。

グラジオラス

お花の様子-2
花言葉「赤」
堅固・用心深い
花言葉「ピンク」
たゆまぬ努力・ひなむきな愛・満足
花言葉「紫」
情熱的な恋
グラジオラス花言葉 | 花言葉-由来

グロリオサ

お花の様子-3
花言葉
栄光 ※グロリオサの華やかな花姿にちなみます。
勇敢
学名「グロリオサ」
ラテン語の「gloriosus(見事な)」を語源とし、燃えるような鮮やかな花色と波打つようにそり返った華やかな花姿に由来するといわれます。 英語でもその花姿から「Glory lily(栄光のユリ)」「Flame lily(炎のユリ)」などと呼ばれています。また、葉先が巻きひげになり、他の植物に巻きひげをからみつけながら伸びていくことから「Climbing lily(登るユリ)」とも呼ばれます。
グロリオサの花言葉 | 花言葉-由来

リアトリス

お花の様子-4
花言葉
燃える思い ※松明の火がゆらめいているようにも見えるリアトリスの花姿にちなむともいわれます。
向上心
長すぎた恋愛
リアトリスの花言葉) | 花言葉-由来

お花の様子-5

すてきな花言葉や花名の由来を見ていると「なるほど」と思うようなことばかりですね。

7月始め、島津乃荘は七夕 一色になっています。

まずは、短冊書きの様子からご紹介。「短冊を書きましょう」と呼びかけると、「えへへ!何にしようかなあ」と満面の笑顔!

七夕の様子-1

真剣に願い事を考え、黙々と短冊にしたためる利用者様も多くいらっしゃいました。 書くことが難しい方は、スタッフが代筆させていただいたり、一緒に書いたりしました。

七夕の様子-2

みなさま思い思いのお願い事がありますね。

七夕の様子-3

ご家族様にも協力いただき、たくさんの短冊が集まりました。

七夕の様子-4

彦星と織姫の色塗りを利用者様にお願いしたところ、とても上手に塗って下さいました。

七夕の様子-6

書いていただいた短冊は、島津乃荘の玄関を入って右側に飾られています。 それぞれの思いのこもった短冊が、天の川の中で輝いています!

七夕の様子-5

その横には、毎年恒例の手作りの笹飾りも飾られています。 利用者様にお披露目すると、「まぁすてきね!上手にできてるわ~」「よかねぇ」と感動してくださいました。

七夕の様子-7

そして、今年の食堂は こんな風に!

七夕の様子-8

昨年の七夕 はA棟とB棟の間に飾りましたが、 今年は食堂に設置し、車いすからでも触れたり写真を撮ったりしやすい高さにしました。 利用者様も「きれいだ~」と眺めたり手を伸ばしたりして楽しまれています。

島津乃荘に来られた際は、ぜひじっくりとご覧ください。

島津乃荘に季節のお花が届いております! このあじさいは、利用者様のご家族様よりいただきました。

お花の様子-1

グラジオラスとひまわりは、毎年スタッフが持ってきてくれます。 今年も、とても大きなお花を届けてくれました!

お花の様子-2

受付に置くと、来所された方や通りかかったスタッフから 「すごい綺麗!」「大きいね~」と感動の声が聞こえてきます。 飾りながらとても明るい気分になりました。

ぜひ足を運んでご覧になって下さい。 届けてくださったみなさま、ありがとうございました。

花の苗植えの様子-1

今年も恒例の「夏に咲くお花」の苗植えを行いました。 島津乃荘 では令和初!となる地域交流と、土やお花とのふれあいの機会です。

この行事の目的は、地域の方々とのコミュニケーション・繋がりを大切に、 旬のお花を楽しんで植えながら、さまざまな刺激を五感で受けよう!というものです。

花の苗植えの様子-2

この日は吉尾町ボランティア会から、11名の方々が協力してくださいました。 河野美代子様、谷ヶ久保ゆり子様、山口いつ子様、若松徹子様、中村タヅ様、久保田章子様、富田和子様、本山マスミ様、大工タマエ様、鎌田睦子様、新森洋子様(順不同)です。

施設長よる開会宣言のあと、ボランティア会の久保田章子会長よりご挨拶がありました。
「今日は一緒に元気にきれいなお花を植え替えしましょう!」
「皆さんと苗植えを通じて交流出来ることを楽しみにしてきましたー♪」

花の苗植えの様子-3

島津乃荘からは20名程の利用者様の参加がありました。

お一人でしっかりと声を出し自己紹介される方、 スタッフからの紹介を受けて恥ずかしそうにウフフと赤面される方、 嬉しくてお話しが止まらなくなる方など、皆様それぞれがとても楽しみにされている様子が伺えました。

場の空気が温まったところで、ようやくスタッフがお花を配って回ります。 白、黄色、オレンジ、ピンクなどのカラフルなお花を眺め、 どれにしようかな?と迷いながら選んでいきます。

花の苗植えの様子-4

ボランティアの方々にサポートしていただきながら、それぞれ苗を植えていきます。

花の苗植えの様子-5

鉢を支えてもらったり、土の感触を感じたりしながら、優しくお花を植えます。

ワイワイと賑やかに会話に花咲かせ、たくさんの笑顔がこぼれます♪ 一人一本の花を植えるという短い時間ではありましたが、 ボランティアの方々との明るくほのぼのとした時間が流れていきます。

植え終えたところで、記念にパチリ。

花の苗植えの様子-1

最後に鉢を寄せ集めると、こんなにきれいです!

花の苗植えの様子-6

利用者様からは、「きれいやね、見事だね!」「たくさん咲いて欲しいね」「最高だった―!またやりたい...」 など、嬉しい声があちらこちらから聞かれました。

今後は日々の水やりを欠かすことなく、お花の成長を楽しみに大切に育てていきます!

吉尾町ボランティア会のご協力を賜り、利用者様もスタッフもたくさんの笑顔がこぼれた素敵な交流となりました。 本当にありがとうございました。

島津乃荘 植物管理担当大臣