タグ「学習会」

3月23日 ケアプラン ほっと郡元 相談室で実施した第40回 摂食嚥下勉強会 では、 これまで食事介助技術や摂食嚥下障害について学んだ中で、ふと疑問に思ったことを試してみることにしました。

1つめは「 “嚥下調整食” って、感覚(見たり、匂いを嗅いだり、食べてみたり)だけで献立や素材がわかるものだろうか?」です。

2つめは「咀嚼する場合は前舌で、丸飲みに近い場合は舌中央が食べやすいが、より細かい “物性による食べやすさ” ってあるのではないだろうか? 物性によって口の中でどのように咀嚼や移送をしているか感じてみたい。」というものです。

第40回摂食嚥下勉強会の様子-1

敬和ヘルスケアグループ 全体で口から食べる支援( 摂食嚥下勉強会摂食嚥下実技研修) に取り組んでいる中、 口から食べる大切さとそれを支える使命を 敬和ヘルスケアグループ 全体で認識するための意識教育として、 小山珠美先生の著書「口から食べる幸せを守る ~生きることは食べる喜び~」を題材とした 第6回となる多職種合同検討会をシンポジウム形式で行いました。

第6回多職種シンポジウムの様子

今回は、KTSM(NPO法人 口から食べる幸せを守る会)実技セミナーの内容から、 食事介助を行う際のベッド上及び車椅子座位時のポジショニングについて、 セミナー受講者による技術伝達を行いました。

前回の「改訂水飲みテスト」に続く実践的な技術習得として、 スクリーニング評価の技術習得のための「フードテスト」を体験しました。 今回もKTSM(NPO法人 口から食べる幸せを守る会)による包括的な支援スキルとしての実践方法を試しました。

第19 回摂食嚥下勉強会の様子

第18回 摂食嚥下勉強会からは、より実践的な技術習得です。今回は、スクリーニング評価のための「改訂 水飲みテスト」(MWST)を体験しました。

第18 回摂食嚥下勉強会の様子

第13回目となる 摂食嚥下勉強会 では、 高齢者の摂食嚥下に大きくかかわってくる「食事形態」について実践形式で学びました。
現場スタッフはソフト食※注を見ることはあっても、その中身がどのようになっており、どのような効果があり、 どのように調理されているのか、食べるとどのような性状を示すのか、などの詳細を知る機会がめったにないことから、 今回は実際に自分たちで調理して食べてみました。

敬和ヘルスケアグループ 内の各施設でご提供している食事には 「普通」「一口大」「極きざみ」「ミキサー」の食事形態がありますが、 「一口大~極きざみ」の一部をカバーする食事形態として、 管理栄養士でもある黒田留美子氏が考案された「黒田留美子式高齢者ソフト食®」が不定期に提供されています。

一般的なソフト食で最も多く簡便なのが、ミキサー食(ペースト状の食事)を型に流し固める方法ですが、 黒田留美子氏考案の高齢者ソフト食は、食材の下処理や火の通し方、調理工程を工夫することで、 見た目は普通食に近いにもかかわらず大変柔らかく、誤嚥のリスクも少ないというものです。

5月5日に行われた第12回 摂食嚥下勉強会では、嚥下評価時や直接訓練時に行う頸部聴診法を体験しました。
摂食嚥下勉強会の全ての記事を見てみる

頸部聴診法

第4回「摂食嚥下勉強会」の様子 第4回目となる摂食嚥下勉強会は、2月17日(金)に行われました (第3回の様子)。
今回のテーマは「嚥下調整食の物性と動態、介助時の注意点」で、 島津乃荘 の管理栄養士が担当しました。
食事を口から食べることを継続していく上では「摂食嚥下機能の低下」が障害となりますが、 管理栄養士は日常的に調理師と協力して利用者様お一人お一人に合わせた食形態の食事をご提供することで、 摂食嚥下障害があっても口から安全に食べられるように工夫しています。
その食形態が摂食嚥下リハビリテーション学会分類ではどのレベルに相当し、 各分類コードの形態や物性にはどのような目的と特徴があるのかを学びました。

摂食嚥下分野は、介護・医療にかかわる各職種の養成機関でも十分に教育されていない分野です。 昨年「宮崎摂食嚥下障害臨床研究会 定例会」に自主参加した職員による伝達研修が行われ、 摂食嚥下に関する正しい知識を有することの重要性や、摂食嚥下の基礎的な部分を学習しました。
9月伝達研修: 戸嶋病院島津乃荘
12月伝達研修: 戸嶋病院島津乃荘

それを受ける形で本年よりスタートしたこの「摂食嚥下勉強会」では、 すべての職種を対象に、テーマに沿って互いに知識を出し、高め合いながら、少しずつ学習していきます。

第3回目となる勉強会は、2月3日(金)戸嶋病院 で行われました。 この日は、看護師、管理栄養士、介護福祉士、理学療法士、薬剤師、生活相談員と、まさに多職種が集まりました。

9月23日、敬和ヘルスケアグループ主催による「第4回多職種シンポジウム」が開催されました (過去に開催された際の様子)。 これまで3回に渡り全国の事故事例をもとにしたディスカッションなどをグループ内で実施してきましたが、 今回は外部事業所様の参加もいただく形での開催となり、シンポジストも緊張している様子でした。

第4回多職種シンポジウムの様子-1

平成28年2月3日、敬和ヘルスケアグループに属する多職種合同での事例検討会の第3回目を実施しました (2回目の様子)。
第3回「多職種合同事例検討会」の様子-1.jpg

今回は訪問介護事業所における事例から「家族を含めた個別ケア(本当のニーズの把握)」 「クレーム対応」「介護サービスで対応可能な範囲の理解」などがテーマです。

セラピスト勉強会「寝違えの改善」の様子

11月19日は「寝違えの改善」をテーマに開催しました。

セラピスト勉強会の記事をすべて見る

第5回 セラピスト勉強会の様子

10月2日「セラピスト勉強会」の第5回目が開催されました。
この「セラピスト勉強会」は、戸嶋病院 リハビリテーション科島津乃荘 機能訓練指導員 主催で月に2回ほどを実施しているもので、 グループ内のセラピストだけではなく、知識と技術を高めたいスタッフや興味のあるご家族様を対象に、 その回の担当者(講師)と共に、参加者で意見を出し合いながら全員でレベルアップしていこうという取り組みです (セラピスト勉強会の記事をすべて見る)。


この日のテーマは「オムツ 0(ゼロ)を達成した施設の取り組み紹介」です。

第4回 セラピスト勉強会の様子 閲覧中の動画について:
藤島一郎.目でみる嚥下障害の付録DVD、
医歯薬出版 より

9月3日、戸嶋病院 リハビリテーション科島津乃荘 機能訓練指導員 主催で実施している 「セラピスト勉強会【摂食・嚥下勉強会】」の第2回目が、15名の参加で開催されました (第1回目の様子)。

この日のテーマは「誤嚥性肺炎」と「嚥下障害の症状と診断」です。


9月3日、戸嶋病院 リハビリテーション科島津乃荘 機能訓練指導員 主催で実施している 「セラピスト勉強会【四肢体幹への治療手技(上肢編)】」の第2回目が、14名の参加で開催されました (第1回目の様子)。

この日のテーマは「触診(骨タッチ)」と「手首の調整」です。
第3回 セラピスト勉強会-1

摂食・嚥下障害 藤島一郎.脳卒中の摂食・嚥下障害.第2版、
医歯薬出版、2005、p.19-29

戸嶋病院 リハビリテーション科島津乃荘 機能訓練指導員 の主催で、「セラピスト勉強会」を開催しました。 8月6日のテーマは「第1回 摂食・嚥下勉強会」と題し、シリーズで行っていくなかでの第1回目です。 セラピストだけでなく、看護師、介護士、ケアマネジャー、生活相談員等、計17名の参加がありました。

第1回目となるこの日は、「摂食・嚥下の基礎知識」として、嚥下機能のメカニズムを中心に学習しました。

知識のある専門職員は復習に、その他の職員はこれまで知らなかった知識を得る機会になり、 実際の食事介助場面にも活かしていける内容となりました。ここでは、その一部をご紹介します。


7月30日、多職種合同事例検討会を開催しました。 「福祉・医療の事例を多職種で検討し、幅広い視点と知識を身につけ業務に活かす」ことを目的として開催しており、今回で2回目となります。 当日は、看護師、介護職員、ケアマネジャー、管理栄養士、生活相談員、施設管理者など40名ほどが集まりました。

今回の事例は、介護施設における利用者様の水分摂取量に関するもので、 その事例から「施設の目標達成と介護倫理」という背景にあるものを考え、参加者で意見を出し合いました。

上半身骨格 iris-iris office

戸嶋病院 リハビリテーション科島津乃荘 機能訓練指導員 の主催で、「セラピスト勉強会」を開催しました。 7月16日のテーマは「四肢体幹への治療手技(上肢編)」と題した伝達講習の第1回目です。 セラピストだけではなく治療手技や筋骨に興味のある方を対象に参加を呼びかけたところ、16名の参加がありました。

シリーズ「四肢体幹への治療手技」では、全身へ悪影響を及ぼしたり動きを邪魔したりする症状(痛み、可動域制限、筋緊張、血行不良など) の原因を取り除くための手技を、数回に渡る実技講習で習得します。 例えば、肘関節を調整することで肩こり(肩甲骨周囲の筋緊張)が改善されるといった、直接触らない部位の不調の解消を目指します。


敬和ヘルスケアグループ主催で、都城市社会福祉協議会全国キャラバン・メイト連絡協議会 の協力を得て「認知症サポーター養成講座」を 島津乃荘地域交流センター において3月27日と31日の2日間開催しました(パンフレット)。

講座には、医療・福祉従事者だけではなく、職員、地域の方々、利用者様のご家族など、両日とも20名近くの参加がありました。
認知症サポーター養成講座の様子-1.jpg