短期入所生活介護(ショートステイ)

短期入所生活介護(ショートステイ)とは、一般的にどのようなサービスなのかをご説明します。
敬和ヘルスケアグループの短期入所生活介護(ショートステイ)については、ショートステイ(短期入所生活介護) のページをご覧ください。


ショートステイって?

ショートステイとは、介護の必要な方が施設に短期間入所し、食事や入浴といった日常生活のお世話や機能訓練などを受けることのできる介護サービスで、 利用できる期間は最長30日までとなっています。


ショートステイの位置づけ

介護保険サービスは大別すると「居宅(在宅)サービス」と「施設サービス」に分けることができ、 ショートステイは「居宅サービス」のうちの「短期入所」にあたります。


  • 居宅サービス(=自宅で介護サービスを利用)
    • 訪問サービス
    • 通所サービス
    • 短期入所
      • 短期入所生活介護
      • 短期入所療養介護
    • その他
  • 施設サービス(=施設に入所・入院して利用)
    • 特別養護老人ホーム
    • 療養型病床
    • その他

ショートステイの一般的なサービス内容

ご利用は、ケアマネジャーに相談し、ケアプランを作成してもらうことから始まります。
実際のサービスは、ケアプランに基づいて提供されます。


ショートステイには、次の2種類があります。

短期入所生活介護
主に日常的な生活の介護を受け、レクリエーション、機能訓練なども受けられます。医療的なサービスを受けることはできません。
短期入所療養介護
主に看護や機能訓練といった医療的なサービスを受け、日常的な生活の介護も受けられます。


ショートステイサービスを受けるにあたっての注意事項

初めてのご利用の場合は普段の状態を知らない職員が介護にあたることなどを考慮し、 普段から定期的にショートステイを利用することで緊急時に備えておくと安心です。 また、ご家族様の介護疲れの予防・解消にも大変役立ちますので、積極的に利用を考えてみると良いでしょう。

ショートステイの種類は入所する施設により異なりますので、その時の利用者様の状態により使い分けると良いでしょう。


介護予防短期入所生活介護とは

要支援の方は、介護予防短期入所生活介護サービスをご利用いただけます。
こちらは、要介護状態にならないようにする介護予防が目的とされていますので、
できることはできる限り自分で行うということが重視されます。

ご利用になる場合の手続きは、地域包括支援センターで介護予防ケアプランを作成してもらうことになります。


敬和ヘルスケアグループがご提供するショートステイサービス「島津乃荘 短期入所生活介護」

島津乃荘では、 短期入所生活介護では、自宅にこもりきりになりがちな利用者様の孤立感の解消や、心身機能の 維持・回復だけでなく、 ご家族様の介護の負担軽減などを目的として、1泊のご利用から受け入れを実施しております。

詳しくは ショートステイ(短期入所生活介護) のページをご覧ください。