ケアマネ学習会

研究会 最新情報(ケアマネ学習会)

2018/10/30
icon 【ケアマネ学習会】地域の介護サービス事業所の特徴と把握(8)
2018/10/23
icon 【ケアマネ学習会】地域の介護サービス事業所の特徴と把握(7)
2018/10/16
icon 【ケアマネ学習会】地域の介護サービス事業所の特徴と把握(6)
2018/10/09
icon 【ケアマネ学習会】地域の介護サービス事業所の特徴と把握(5)
2018/09/25
icon 【ケアマネ学習会】地域の介護サービス事業所の特徴と把握(4)
2018/09/18
icon 【ケアマネ学習会】地域の介護サービス事業所の特徴と把握(3)
2018/09/11
icon 【ケアマネ学習会】地域の介護サービス事業所の特徴と把握(2)
2018/09/04
icon 【ケアマネ学習会】地域の介護サービス事業所の特徴と把握(1)
2018/08/28
icon 【ケアマネ学習会】アセスメントの基本と根拠あるサービスをつなぐ(4)
【内容】給付管理の流れ
2018/08/21
icon 【ケアマネ学習会】アセスメントの基本と根拠あるサービスをつなぐ(3)
【内容】目標設定
目標設定では、利用者様の思いや現有能力の活用を意識しながら、達成可能な着地点を見つけます。そのうえで、サービスの具体策を利用者様・ご家族にもわかりやすく表現することが必要になります。
2018/08/14
icon 【ケアマネ学習会】アセスメントの基本と根拠あるサービスをつなぐ(2)
【内容】課題の導き出し方(2)
利用者様のニーズ(要望)が利用者自身の不利益になったり家族のニーズとバッティングすることは多々あり、これをケアマネジャーの専門的価値、専門的知識・技術と経験から修正することで導き出された全ての人のニーズが歩み寄った「合意されたニーズ」がケアプランに記載されることになります。
2018/08/07
icon 【ケアマネ学習会】アセスメントの基本と根拠あるサービスをつなぐ(1)
【内容】課題の導き出し方(1)
課題は、介護保険法において求められるアセスメントの標準項目をICFモデルに落とし込んで理解・整理し、そこから利用者様のニーズを導き出していきます。
2018/07/31
icon 【ケアマネ学習会】新責務公正中立に向けた説明力UPを図る(5)
【内容】特定事業所を位置づける理由はケアマネジメントの質に直結
この日のテーマは、「援助方針を具体的な支援内容へとどのように落とし込んだか」という流れをたどることの必要性です。
2018年度の介護報酬・基準改定で追加された「サービスの位置付けの根拠」は「ケアプランをどのような流れで作成したか」という説明と一体化しています。これらは「公正中立の確保」と同時に「ケアマネジメントの質の向上」に直結します。
つまり「利用者様にも分かるように説明する」スキルを身につけることが必要であり、その対応力(スキル)をどのようにして習得すればよいかを具体的に学習しました。
2018/07/24
icon 【ケアマネ学習会】新責務公正中立に向けた説明力UPを図る(4)
【内容】利用者様の選択にお墨付きを与えるのもケアマネの役割
この日のテーマは、2018年度の介護報酬・基準改定で追加された「新たな説明責任」2つ目「特定の事業所をケアプランに位置付けた理由」です。事業所の選択が理に適っていると説明することで、要介護状態に伴う複雑な生活課題に直面して不安を抱える利用者様に安心してサービスを受けていただけるようにすることの必要性を学びました。
2018/07/17
icon 【ケアマネ学習会】新責務公正中立に向けた説明力UPを図る(3)
【内容】事業所の特徴のデータベース化を図る
この日のテーマは、先週の「比較できる情報」とは何か、どのように提示するのがよいかです。
サービス事業所をあらかじめ「同じ比較基準」ごとにデータ化するなどの可視化(見える化)をしておき、その中から課題等に合うものをピックアップして提示することができれば、後々のトラブル防止にもつながるということを学習しました。
2018/07/10
icon 【ケアマネ学習会】新責務公正中立に向けた説明力UPを図る(2)
【内容】複数の事業所紹介では比較情報の提示も必要に
この日のテーマは、2018年度の介護報酬・基準改定で追加された「新たな説明責任」のうち、ケアプランに位置づけるサービス事業所を「複数」紹介するということについて、具体的にどのような「説明力」を高める必要があるかです。
「複数の事業所を紹介する」ことには、「利用者様が選択しやすい情報提供を行う」責務が伴います。提示する各事業所についての「比較できる情報」をご提供し、「どの要素を優先するか」という基準が明確になるようしていく必要性を学びました。
2018/07/03
icon 【ケアマネ学習会】新責務公正中立に向けた説明力UPを図る(1)
【内容】運営基準減算の対象となった契約時の2つの説明責任
この日のテーマは、2018年度の介護報酬・基準改定で追加された「新たな説明責任」です。
ケアマネジメントの公正中立に向けて規定されたもので、説明責任を怠った場合には運営基準減算が適用されます。さらにこの「新たな説明責任」は、契約時のみならずケアプラン原案作成時の説明責任も発生しています。
これらについて、具体的にどのように行っていくべきなのかを学びました。
2018/06/26
icon 【ケアマネ学習会】事例検討「住宅型の計画書のまとめ」
【内容】住宅型の計画書まとめの事例
2018/06/19
icon 【ケアマネ学習会】事例検討「サービス付高齢者向け住宅」
【内容】サービス付高齢者向け住宅の事例
サ高住は生活相談・緊急時対応・安否確認サービスが付いた 有資格者が常駐している賃貸住宅ですが、介護サービスはついておらず、 認知症などで毎日ケアの必要な方には適さない施設だと考えられます。
様々な介護関連施設等のそれぞれの特徴を把握し、 変化していく利用者様の状態に合った施設を提案していく事の必要性を検討しました。
2018/06/12
icon 【ケアマネ学習会】事例検討「住宅型有料老人ホーム(2)」
【内容】住宅型有料老人ホームの事例(2)
先週の事例において、毎日デイサービスを利用することがその方に必要なのか、 個別のサービス内容について必要なのか、ご本人は望まれているのか、など、 ご本人の意向に沿ったケアプラン作成の必要性を検討しました。
2018/06/05
icon 【ケアマネ学習会】事例検討「住宅型有料老人ホーム(1)」
【内容】住宅型有料老人ホームの事例(1)
有料老人ホームには、日中デイサービスを利用してもらう事が条件となっている施設も多く、 そのような施設からケアマネに要求されることの多い事例などを検討しました。

研究会トップへ戻る »

過去のケアマネ学習会のブログ記事一覧

ブログ記事では、ケアマネ学習会の様子を詳しく読むことができます。

※ブログに掲載されている記事は、過去に実施されたケアマネ学習会のごく一部です。

ブログ一覧

敬和ヘルスケアグループ内で実施している各種研修や訓練、イベントの様子は、ブログに最新情報を掲載しています。

敬和ヘルスケアグループブログ戸嶋病院ブログ島津乃荘ブログ

関連情報

インターンシップ制度

学生の皆さんの様々な不安や疑問を解消する機会のひとつとして、インターンシップを受け入れています。

グループ 広報紙

インターンシップ・シンポジウムの様子を掲載した敬和ヘルスケアグループ広報紙を公開しています。

要件審査

仕事の質と努力を最大限かつ公正に評価し、評価に応じて報酬がアップする制度を取り入れています。

求人情報

現在募集している求人の詳細情報を、職種・時間・資格・勤務先などの一覧からお探しいただけます。

求人・研究会などに関する お問い合わせ・連絡先

敬和ヘルスケアグループ
〒885-0093
宮崎県 都城市 志比田町 10871番(地図
TEL:0986-51-3111(代表)
FAX:0986-22-3267
※暗号化されたページへ移動します